Proseware is a producer of software applications and server tools. Learn more about Proseware. E−人事|派遣業許可申請センター

セクハラ・パワハラ社外相談窓口|E−人事



 

職場のパワーハラスメントとは

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

職場での優位性…パワーハラスメントという言葉は、上司から部下へのいじめ・嫌がらせをさして使われる場合が多いですが、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。「職場内での優位性」には、「職務上の地位」に限らず、人間関係や専門知識、経験などの様々な優位性が含まれます。

業務の適正な範囲…業務上の必要な指示や注意・指導を不満に感じたりする場合でも、業務上の適正な範囲で行われている場合には、パワーハラスメントにはあたりません。例えば、上司は自らの職位・職能に応じて権限を発揮し、業務上の指揮監督や教育指導を行い、上司としての役割を遂行することが求められます。職場のパワーハラスメント対策は、そのような上司の適正な指導を妨げるものではなく、各職場で、何が業務の適正な範囲で、何がそうでないのか、その範囲を明確にする取組を行うことによって、適正な指導をサポートするものでなければなりません。

会社の規模によっては、内部ですべての対策を講ずることは非常に困難なことです。特に、社内で相談者のプライバシーを保護しつつ相談窓口を設置することが難しいため、外部の相談窓口が活用されています。

セクハラ・パワハラ社外相談窓口は、人事・労務管理の専門家である社会保険労務士が対応しています。ぜひ一度ご相談ください。


お問い合わせ

障害年金相談窓口助成金活用相談窓口

ページのトップへ

Copyright (c) 2013 −人事 All Rights Reserved.

−人事は静岡県浜松市にある社会保険労務士・行政書士事務所です。